Poinest

スマートフォン用 顧客管理アプリ

※こちらは、売上や利益を増やしたい店舗経営者の方向けのページです。

 

 

売り上げを伸ばす、固定客を増やす! 商売が軌道に乗ってるお店の総売り上げのうち80パーセントは、なんと20%の常連客の売り上げなんです!

 

 今は、ポイントカード全盛期、大手は必ずやっています。  

 

なぜ?  効果があるからです。

 

 お客様の固定客化とデータ収集などのためなんですが、新規客集客のための費用の5分の1程度の費用で済むので、費用対効果が非常に高いのです。

 それでも、単独でシステムを作るとなると、数百万円からの費用がかかったりします。

 

 安心して下さい!

 

 システムはもうあります。カードリーダーなどの機械も不要、初期費用もゼロ!参加するだけです。

 さらに、顧客管理もできて、お客様層ごとにメッセージも送れる。

 

 もうすでに始まっています。

 

ポイントカードが スマホの中に!

 

 スマホでポイントカード管理。

 

 お客様も、行きつけの店のカード管理ができて、大助かり!

https://www.youtube.com/watch?v=n5WjJzTq5WQ

 売り上げが伸びない!固定客がふえない!

売り上げを伸ばしているお店の売り上げの8割は、リピーター(お得意様)であるとご存じですか?

 

 初めて来たお客様は、お店が自分たちのことを覚えてるとは思っていません。

いくらおいしい料理をお出ししても、高い技術を提供しても、素晴らしいサービスを提供しても、もう一度来店されるとは限りません。 もちろんこれらのことは大事なのですが、そのとき満足されてもいったんお店を出てしまうと、しばらくたつとお客様は忘れます。(思い出すことはあっても)忘れるのです。

 もちろん、お客様は店側も一回行っただけの自分たちのことを覚えてるだろうとは思っていません。

 

 売り上げを伸ばす。固定客を増やす。こういったことに、まず最小限必要なことは、お客様のことを覚える(知る!)ことです。 お客様の名前、性別、、何回来られたか、いくら使われたか、年齢層、好き嫌い、どこから来られたか、時間帯、など細かく知れば知るほどより有利です。

 最低限お名前や何回目だろうかは、必要です。

 

 そこで、仕組みを作ることによって、売り上げを伸ばす、固定客を増やすことに繋げていきます。

 

 お客様が、いつ来られたか、何回来られたか、何を買われたか、何が好みなのか、何を嫌いなのか、

データ化、出来たらどうでしょう。

 

 費用は、1ポイント2円、月額の上限は、1万円なので安心して下さい。また、一回にたくさんのポイントを出されても、これも上限が100円です。

 来店したお客様へアプリダウンロードを促し、ポイント発行後、階層別に顧客を可視化し、その顧客毎に来店促進を行い、常連客を醸成するためのスマホを使った道具(ツール)です。

 

 初期費用はいりません。基本料金も低額。カードリーダーや、スタンプなどは不要、スマートホンのアプリをダウンロードして、すぐ簡単に利用することができます。

 あなたのお店のポイントカードをポイネストにして、お客様に積極的にアプローチしてみませんか?

 

主な機能(一部抜粋)

 会計ポイント発行機能・来店ポイント発行機能・クーポン作成機能・ユーザー来店履歴確認機能・メッセージ送信機能・プッシュ通知機能

 

 せっかく来ていただいた新規顧客、固定客化する仕組みを作りましょう。新規顧客を集める広告費は、リピーターを作る広告費の5倍から10倍はかかるといわれています。 

 

※クーポン雑誌や予約サイトは確かに効果があります。

しかし、続けていくにはかなりの費用が必要!

Blog

  飲食店などで、顧客リストを集めてリピーターを増    やす方法

        前々回、前回、まで内容をおさらいをすると、 ①紙のポイントカード、スタンプカードを作成し、 ②日々の営業の中で顧客リストを集め、 ③電子メールやはがきなどでお客様へアプローチ すると考えた場合、かかる時間と費用という意味では、主な項目として、以下のような項目に分類

  •  

    スタンプカードアプリで 共通ポイント?

    「スタンプカードアプリで 共通ポイント?」と変なタイトルですが、スタンプカードのように、来店ごとにお客様に来店ポイントを付与して、それを複数の店舗で共通に利用できるようにできるのは、ポイネストの大きな特徴です。 (もちろん、ポイネストは来店だけではなく、ご利用金額に応じて発行する会計のポイントにも対応しています)

  •  

    プッシュ通知を考えるときに、気をつけたい3つのこと。

    ●内容をよく考える 情報をユーザーに送るときは、受け取る顧客に対して、あなたのお店ならではのユニークな情報を提供するように心がけましょう。あなたがお客様だったら、便利だと思うことやメリットを感じることは何でしょうか。これらのことが理解できたら、

  •  

    お客様によって、クーポン内容を変えてアプローチしませんか?

    店舗を利用していただくお客様はさまざまです。 業種によっても異なると思いますが、男性や女性、日中に来店する方や、夜に来店される方など、来店回数が多い方や少ない方など、様々なユーザーの属性と利用状況があるでしょう。

  •  

    コスト削減して、お客様にきめ細やかに情報発信をする方法とは?

    ポイネストを導入していただいているお客様の中には、定期的に顧客にはがきや封書のダイレクトメールをお送りして、お客様に店舗の情報を届けていらっしゃる店舗様がございます。 ただ、実際には印刷や郵送料のコストがかかり、なかなかそのような形態での情報提供を頻繁にすることはできません。例えば、1,000人にハガキを出すとしたら、郵送料等のコストはどれくらいになるでしょうか。

これらのことをPoinestで解決いたします。

https://create07.wixsite.com/sakura